FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

反抗期のさりー

2012年6月頃

ある日、彼女から真面目な顔で話しがあるという感じで、
「もうとらおさんの言うことは聞かない!」
って、宣言されてしまった。

さりーのはんこう1

僕が彼女の行動を監視するように口うるさくなっていたことが原因だと思う。

この頃の彼女は僕の考えもありバイト等はしないで、
デザインの勉強に専念するはずだった。
週1の僕のモデルの仕事があれば収入的には問題なかったし、
欲しい物があれば何でも買ってあげるって感じだったしね。

でも、なんだか時間があれば勉強に集中するどころか、
頻繁に元カレと遊んだりしている。
深夜まで遊んで夜中に車で送ってもらったり・・・
もう、何を考えてるんだか・・・

専門学校に通ってすでに2年目なのに彼女の実力はまだまだ初心者レベル。
もっともっと脇目もふらず勉強しなきゃいけないのに、
なかなか伝わらない。

僕の嫉妬心も大きくからんでるから、また話しがややこしい(苦笑)

この頃は彼女からのメールも
「とらおさんと一緒にお風呂はいりたいな。」とか、
「とらおさんに抱っこされて寝たいな。」
とか、可愛くってたまらない嬉しいメールが頻繁に。

そんな感じだから僕の独占欲も増幅。
それと親心もあったり色々な意味を含めて、
「元カレとは遊んでてもいいことはないし、やめた方がいい」
って、メールではっきり伝えた。
それが、きっかけか、
何日もメールの返信がなかったりして、
所在不明な日々が続いた。

さりーのはんこう2

その流れで、
「もうとらおさんの言うことは聞かない!」
宣言!!!

でも僕のことは大好きらしい。

「コントロールされるのは大嫌いだから言うことは聞きたくないけど、
嫉妬されるのは自分が注目されてるので嫌な気はしない。」
わかりにくいけど、これが彼女の言い分。

要約すると僕が嫉妬するのは愛されてる気がして嬉しいけど束縛はされたくない。
元カレとの遊びを否定するのが指導者的な視点なのは不満だけど、
嫉妬心からの独占欲だったら逆に嬉しいという感じみたい。

なんだかこれって完全に恋人同士のエネルギーの奪い合い。
まあ、僕は彼女に恋してるんだから、
彼女もそんな感覚なのは当然なんだよね。

そして、僕の親心に対しては反抗期の娘。

さりーのはんこう3

こんな争いは仲のいい証拠だよね♪

でも、変なルールも考え直さなきゃなぁ〜って、
二人の今後の関係も含め色々と考えちゃった。
スポンサーサイト

コメント

No title

育って来た環境が〜違うからぁ〜
価値観は否めない〜♪(´ε` )

そんな歌がありましたが

わかります、付き合いだして初期に訪れるジレンマというか...
相手に与えたい!という気持ちから始まった関係も、気がつけば相手に色んなことを求めはじめる

でも何処かで、彼女の存在そのものだけでもありがたいことに気付き、また与えたい気持ちに
でもまた...

の繰り返しで僕らは10年以上一緒に歩いてます
(笑)

Re: No title

みうくまさん
よくわかっていらっしゃる。
やっぱり価値観の違いは大きいですね〜
でも、それを受け入れられるようになったら、
愛は深まる一方です!!!
また恋とは違う感情ですが・・・
非公開コメント

プロフィール

とらお

Author:とらお
モデルとアーティストの日々の記録

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。