FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初モデル・3

2011年3月16日

モデルをやるにあたって、
彼女に説明して了承してもらってるのが、
描いてるときに彼女の身体に触れることである。

これはとっても重要で、
感触や骨格を触覚的に確認するだけでなく、
触れ合うことで心の繋がりや、
セクシャルな意味で響き合い、
妄想が膨らみよい作品に繋がるのである。


とりあえず、じっとしてもらって、
絵を描き始める。
鉛筆、色鉛筆等でF6のスケッチブックにデッサン。

美しい身体は存在自体が芸術的。

そして、何度もソフトにタッチしながら制作を進めた。
30分くらいしたところで小休止。
彼女の脇に座ってちょっと会話。
この間もソフトタッチ。
彼女は全く嫌な顔をせずに僕の行為を受け入れてくれる。
とっても真面目な性格なんだねって思うと、
ますます彼女が可愛く感じた。


少し休憩してから、
「今度はあまりじっとしてなくてもいいよ~。」
と言って、制作再開。

楽しく会話をしながら小一時間。
一枚目のデッサンを完成させた。

美しい彼女を前に
僕の妄想もいい意味で膨らみ雰囲気のある作品に。

大きく伸びをして、
彼女の横に座って楽しく会話。
正直、僕の妄想も頂点。
モデル初日でもあるので、
モデル以上のコトに発展しないように心にブレーキをかけていたのだが、
気がついたらブレーキは壊れていた。
彼女も優しく僕を受け入れてくれた。


そんな中、いつの間にか停電。
お風呂に入りたかったけど、お湯が出ないので諦めた。

その後2時間くらいベットで会話。
あっという間だったな。
なんとなく甘えてくる彼女がほんと愛おしかった。

計画停電も終わってたけど、暗くなる前に解散。


良い子に出逢えて感謝♪

「この気持ちを作品にぶつけるぞ~!!!』

心から思った。



後日談につづく・・・
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

とらお

Author:とらお
モデルとアーティストの日々の記録

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。